作成者別アーカイブ: admin

水素”美容”に美容界が注目

 女性の「美しさ」「若さ」への探究は、いつの時代も衰えることのない永遠のテーマです。なかでも見た目の美しさや若さにとって最重要となるのが「顔」で、シワ・シミ・タルミをケアし、ハリ・ツヤのある若々しく美しい肌へ導く「フェイシャルケア」は年齢に関係なく女性にとって最大の関心事です。  水素には抗酸化をはじめ、美白や保湿など美肌に対する有用性も多々確認されており、既に学会等でも発表され、美容・エステ・コスメ業界が水素の美容・アンチエイジング効果に注目し始めています。こうした中、従来の水素水や水素サプリに加え、体の外側から水素効果を得るためのアイテム開発も活発化。水素化粧品をはじめ、水素入浴料、水素水フェイスバス―― などが登場し、美容院やエステサロンなどへの導入が始まっています。 (健康産業新聞1541号より抜粋)

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。

美を内からサポート「インナービューティ市場」が拡大

水素、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸などの美容素材は女性を中心とする旺盛なニーズに応えて数々のブームを作り、いまやインナービューティー関連のサプリメント・健康食品市場規模は1,000億円を超えています。 主な購入者層は40代以降の中年女性で、中でも65歳以上の女性の需要の伸びが目立ちます。訴求別では、美肌はもちろんのこと、整腸、抗酸化、ストレスケア、ホルモンバランス改善、快眠など多岐にわたっています。 化粧品受託製造企業の人気受注素材調査(化粧品)ではコラーゲン、プラセンタのツートップ。ヒアルロン酸、水素、セラミドなどが続いています。 こうした「食」によるインナービューティーは、偏った食生活やストレス、活性酸素、紫外線、乾燥、睡眠不足などを原因とした老化のスピードを遅らせる方法として理解されています。食事を通じたAGEs(終末糖化産物)による老化メカニズムも解明されつつあり、女性の関心は外面の美容にとどまるのではなく“内面の変化による美と健康”にシフトしています。 (「健康産業新聞」1612号)

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。

健康長寿産業発展で〝未病〞ケア市場に活気

“未病”とは、東洋医学の古くからの考え方で、病気の症状が出る前段階である「病気に向かいつつある状態」を指します。 「メタボリックシンドローム」は生活習慣病の未病状態、「ロコモティブシンドローム」も血管障害や認知症などの未病状態といえ、冷えや不眠、食欲不振、原因不明の倦怠感、コリ・痛みといった不定愁訴なども未病に該当します。 近年こうした未病への注目から、従来の西洋医学では不完全とされる部分を、サプリメント、健康機器なども導入して総合的にケアする“統合医療”への関心が高まっており、今後は未病対策などの予防市場の成長が見込まれています。 未病ケアに有効な商材としては、ヘルスチェック機器類などの未病を「発見」するものとサプリメントなどの未病を「予防・改善」するものとに大別され、さまざまな新製品が相次いで登場しています。 健康産業新聞(2017.1.18)より

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。

2016年のサプリ支出は前年比8%増

総務省統計局が発表した2人以上の世帯を対象にした家計調査報告において、サプリなどの「健康保持用摂取品」の2016年の年間支出額が前年比8%増となったことがわかりました。 錠剤・カプセル・顆粒などのサプリメント剤型を中心とする「健康保持用摂取品」の2016年における支出額はトータル1 万5,272円で、前年比8.3%増。全体の消費支出が伸び悩む中で伸び率の高さが際立ちます。 統計局によると、サプリ支出は年齢による差が大きく、とくに高齢者が健食市場を牽引していることが明らかになりました。高齢化社会にともなう健康志向ニーズがサプリ支出増の背景の一つではないかと目されています。 なおサプリ以外の健康志向食品等も含めた健食市場の規模は前年比1.5%増の約1.2兆円(「健康産業新聞」調べ)。最近では乳酸菌市場の拡大や青汁など定番商材の定着化もあって市場が活性化しています。 (「健康産業新聞」17.2.1より)

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。

インナービューティ市場1000億円超え

女性の美を内側からサポート“インナービューティー市場”が拡大 インナービューティー関連のサプリメント・健康食品市場規模は1,000億円を超えており、主な購入者層は40代以降の中年女性。中でも65歳以上の女性の需要の伸びが目立ちます。訴求別では、美肌はもちろんのこと、整腸、抗酸化、ストレスケア、ホルモンバランス改善、快眠など多岐にわたっています。 「食」によるインナービューティーは、偏った食生活や、ストレス、活性酸素、紫外線、乾燥、睡眠不足などを原因とした老化のスピードを遅らせる方法として理解されています。食事を通じたAGEs(終末糖化産物)による老化メカニズムも解明されつつあり、女性の関心は外面の美容にとどまるのではなく“内面の変化による美と健康”にシフトしています。 健康産業新聞(2017.1.18)より

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。

水素ガス吸入、厚生労働省の「先端医療B」に追加

「水素ガス吸入」が昨年12月、厚生労働省の先端医療Bに追加され、心肺停止後症候群を対象とした臨床研究がスタートすることになりました。 厚生労働省のHPによると、先進医療とは「平成16年12月の厚生労働大臣と内閣府特命担当大臣(規制改革、産業再生機構)、行政改革担当、構造改革特区・地域再生担当との基本的合意に基づき、国民の安全性を確保し、患者負担の増大を防止するといった観点も踏まえつつ、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するという観点から、保険診療との併用を認めることとしたもの」とあります。 水素ガスの臨床研究を国が認めた格好で、業界にとっては水素の効果に対する裏付けにも繋がる事例として注目されます。 (健康産業新聞より)

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。

水素商材市場300億円の大台が射程圏内に

健康産業新聞の調査で2015年度の水素関連商材の市場規模が約274億円となり、前年比3割増と急伸したことが明らかになりました。 今期は水素商材のTV番組などメディア露出が増え、消費者認知度が向上。通販・小売店などセルフ販売ルートでの伸長が要因となっています。また国内のみならず欧米やアジアなど海外市場での展開も活発化してきました。 来期はさらなる市場拡大が確実視されています。

カテゴリー: 過去の特集一覧 | コメントは受け付けていません。